« 芸能人はなぜ干されるのか?/星野陽平 | トップページ | 歪曲報道/高山正之 »

2015年12月22日 (火)

お金持ちになる男、なれない男の習慣/臼井由妃

Photo_2 お金持ちになる人は、メニュー選びも歩き方も、話すスピードも早いものです。考えながら動く、動きながら考えるを貫くから、お金をつかむチャンスに恵まれるのです。
 熟慮熟考は、金持ち発想には馴染まない「運を逃す考え方」なのです。

本書でいうお金持ちとは、単なる成金ではなく、主に成功した経営者のことを言っている。

成功する経営者の条件とは何か?

一つの要素は、決断が早いということである。

これは自分の経験とも合致する。

私自身多くの中小企業経営者と接しているが、その会社が儲かっているかどうかは、社長の決断の速さをみればわかる。

儲かっている会社の経営者はとにかく決断が早い。

ほとんどその場で決断する。

ところが儲かっていない会社の経営者は決断が遅い。

それどころか「考えとく」といって、結局決断しない。

とにかく先延ばしするのである。

では、儲かっている会社の経営者はなぜ決断を早くできるのか?

仕事では日々決断を迫られる。

即断即決ができなければ、仕事が先延ばしになり、納期が遅れ、周囲に迷惑をかけることになる。

なので「何分以内に決断する」「迷ったらやらない」、あるいは「やりたいと思ったら絶対にやる」など、人から強制されたのではない自分のルールを決めているのであろう。

いわゆる自分なりのモノサシを持っているのである。

モノサシ、つまり判断軸を持っているので、それに合致しないものは最初からダメ、合致するものはOKとなる。

本質的にはその違いなのだろう。

« 芸能人はなぜ干されるのか?/星野陽平 | トップページ | 歪曲報道/高山正之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金持ちになる男、なれない男の習慣/臼井由妃:

« 芸能人はなぜ干されるのか?/星野陽平 | トップページ | 歪曲報道/高山正之 »