« ウェブ進化論/梅田望夫 | トップページ | 段取り力/齋藤孝 »

2015年12月10日 (木)

できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?/臼井由妃

Photo 初対面の人との「打ち合わせ」。その後の「メール」。仕事の「出張」。職場の「人間関係」。さまざまな場面で誰もが行う、ちょっとした用事やそのためのやりとりを「なんとなく」すませずに「ひと工夫」すること。これが、大きな差になるのです。

本書のサブタイトルは『この「ひと工夫」が一流の人生を作る』というもの。

つまり、ちょっとしたひと工夫ができるかどうかが、積もり積もって大きな差になるというのである。

例えば、待ち合わせ場所を本屋にすると、

相手が遅れても、本を読んでいればいいので、待つのが苦にならない、

自分が遅れてしまう場合も、相手に退屈な思いをさせないですむ

屋根も空調もあるので、快適に待てる

待っている間に、いろんな本を読みながら、情報収集ができる

本をきっかけに、相手との会話もスムーズに始められる

こんなメリットが生まれる。

問題はこのようなちっとしたひと工夫を日常的に行えるかどうかであろう。

« ウェブ進化論/梅田望夫 | トップページ | 段取り力/齋藤孝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?/臼井由妃:

« ウェブ進化論/梅田望夫 | トップページ | 段取り力/齋藤孝 »