« 売上目標は立てるな!/岩渕龍正 | トップページ | 働く。なぜ?/中澤二朗 »

2015年12月 7日 (月)

伸びる女優、消える女優/小林信彦

Photo 正午のテレビニュースのトップで、円が八十四円台になり、日経平均株価が八千九百五十円まで下った、と告げた。
 心あるエコノミストが、九月、十月に入ると、そうなるかも知れない、と予告していたのが、八月末にズドンときた。
 しかし、鈍感な菅首相は平気である。数日前、日銀総裁と十五分、話をしただけの人だし、官房長官以下の閣僚も「これから検討する……」と落ちついている。すぐにやらなきゃ駄目なんだって。
 思うに、なにをやったらいいのかわからないのである。

本書は小林信彦氏のエッセイ集。

上記はその中の一文だが、あの時代のことを思い出した。

そう言えば、民主党政権の時代、円高は進み、株価は下がり続けた。

それに対して政府は何もしなかったに等しい。

企業の倒産は増え、自殺者も増加していた。

もしあのまま民主党政権が続いていたら日本はどうなっていたのだろう?

幸い、選挙で勝利した自民党安倍政権が放った3本の矢によって、円高は止まり、株価は上昇した。

どんなに自民党への反発が強くても、民主党の支持率が低いままなのは、多くの国民がもう二度とあの時代に戻りたくはないと思っているからではないだろうか。

« 売上目標は立てるな!/岩渕龍正 | トップページ | 働く。なぜ?/中澤二朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伸びる女優、消える女優/小林信彦:

« 売上目標は立てるな!/岩渕龍正 | トップページ | 働く。なぜ?/中澤二朗 »