« 64(下)/横山秀夫 | トップページ | ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則/ジム・コリンズ »

2016年1月 3日 (日)

田中角栄 その巨善と巨悪/水木楊

Photo 馬喰の伜、角どん、昭和の藤吉郎、今太閤、角さん、オヤジ、田中先生、大センセイ、コンピューター付きブルドーザー、大ぼらふき、陽気な大悪党、梟雄、乱世の雄、裏日本のロビンフッド、永田町のカサノバ、小菅の塀の上を歩く男、金権マシン、闇将軍、果断な宰相、孤独な独裁者……。
 これらのひとつひとつが真実である。
 しかし、それらは真実の一部であって、全部ではない。田中のスケールはそれほど大きい。

田中角栄という政治家にはどうしてもダーティーなイメージが付きまとう。

しかし、有能な政治家であったことには変わりない。

確かに権力のために金をばらまいたり、その方法論において問題は多々あった。

しかし、良い意味でも、悪い意味でも、きわめて日本的な政治家だったのではないだろうか。

善悪双方において比類なく傑出した人物だったと思う。

頭もいい。

理解力に優れている。

それに人の気持ちをつかむ感性にも優れている。

田中角栄は、高度経済成長期の日本人そのものだったのではないだろうか。

もうこのような政治家は現れないだろう。

« 64(下)/横山秀夫 | トップページ | ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則/ジム・コリンズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田中角栄 その巨善と巨悪/水木楊:

« 64(下)/横山秀夫 | トップページ | ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則/ジム・コリンズ »