« 山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方/山田昭男 | トップページ | 日本人が知らない集団的自衛権/小川和久 »

2016年1月20日 (水)

「心の報酬」の与え方/中昌子

Photo 心の報酬は「役立ち感」「成長感」「絆・連帯感」の3つに分類することができます。

報酬という言葉を聞いて、すぐに思い浮かぶのは「お金」である。

しかし、お金はモチベーションにつながるのであろうか。

例えば、月給が5万円アップしたとする。

生活は楽になるかもしれない。

ほしいものが買えるようになるかもしれない。

しかし、1ヶ月もすればそれが当たり前になる。

モチベーションもそれほど上がらない。

それが現実ではないだろうか。

そこで登場するのが「心の報酬」

モチベーションを考えた場合、もっと他に効果的な報酬の与え方があるのではないか。

本書で紹介している「心の報酬」とは「役立ち感」「成長感」「絆・連帯感」の3つ。

「役立ち感」とは、自分がよい仕事をすると、人に喜んでもらえる、という実感。

「成長感」とは、この仕事をしていると、自分が成長するのを実感できる、というもの。

「絆・連帯感」とは、この人たちと働いていると楽しい、というもの。

私たちは、仮に金銭的報酬が十分でも、こうした心の報酬が欠けていると「働きがい」を感じることができない。

特に金銭的報酬を与えるのには限界のある中小企業こそ、このような「心の報酬」の与え方を真剣に検討する必要があるのではないだろうか。

« 山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方/山田昭男 | トップページ | 日本人が知らない集団的自衛権/小川和久 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「心の報酬」の与え方/中昌子:

« 山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方/山田昭男 | トップページ | 日本人が知らない集団的自衛権/小川和久 »