« ハーバードの自分を知る技術/ロバート・スティーヴン・カプラン | トップページ | 仕事がデキる人がやっている60秒ルール/西村克己 »

2016年2月 3日 (水)

成功社長がやっていた、たった10個の習慣/冨永英里

10 私はいつも「美空ひばり型経営」から「AKB型経営」へと変革できるかがカギだ、とお話しています。ひとことで言えば、「スターは誰か?」ということ。
 「美空ひばり型経営」ではスターは言うまでもなく社長。社長には圧倒的な能力、リーダーシップ、カリスマ性が必要でした。しかし現在、そのスターは社員へとシフトしています。

『「美空ひばり型経営」から「AKB型経営」へ』

これは多くの中小企業の課題ではないだろうか。

多くの場合、中小企業の創業経営者は強力なリーダーシップがあり、カリスマ性がある。

創業時はそれだけのパワーがなければ、うまくいかないというのは事実であろう。

しかし、どんなに優秀な社長もやがては限界がくる。

特に現代のような変化の激しい時代では、その限界の来るのが早くなってきているような気がする。

あれだけ冴えていたカンにも陰りが出てくる。

でもそんなこと、社員は言えない。

結果、社長は『裸の王様』状態になる。

やがて会社の経営もおかしくなる。

多くの中小企業がそんな状態になっているのではないだろうか。

顧客に一番近い位置にいるのは、社長ではなく、現場の社員である。

いかに経営の主体を社長から社員にシフトさせていくか?

多くの中小企業の課題なのではないだろうか。

« ハーバードの自分を知る技術/ロバート・スティーヴン・カプラン | トップページ | 仕事がデキる人がやっている60秒ルール/西村克己 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成功社長がやっていた、たった10個の習慣/冨永英里:

« ハーバードの自分を知る技術/ロバート・スティーヴン・カプラン | トップページ | 仕事がデキる人がやっている60秒ルール/西村克己 »