« 職業としてのプロ経営者/小杉俊哉 | トップページ | 何でもわかりやすくする技術、伝える技術/安田正 »

2016年2月28日 (日)

「時間がない!」を卒業する200のアイデア/マイケル・ヘッペル

Photo 『ザ・ホワイトハウス』チームのミーティングは、こうだ。
 ●誰も座らない。そう、みんな立ったまま──なんて素晴らしい!
 ●各自の意見を手短に(15秒以内で)発表する。
 ●決断に至るまでの議論は30秒。
 ●決断する(あるいは、大統領が決断を下す)。
 ●デスクへ戻りながら、各自が決定事項を即座に行動に移す。
 ミーティング時間は締めて5分間。最高だ!

「時間がない」「忙しい」、この言葉、働く人の口ぐせのようなものである。

事実であるかもしれないが、仕事の出来ない社員ほど、この言葉が頻繁に出てくる。

時間がないんだったら時間を作ればよいのだが、ムダな時間を費やしている最たるものが会議である。

その意味で上記の「『ザ・ホワイトハウス』チームのミーティング」は参考になるのではないだろうか。

『ザ・ホワイトハウス』とは、アメリカの人気テレビドラマ『ザ・ホワイトハウス』のこと。

あのホワイトハウスの西棟を舞台に、国家運営とはいかなるものかを描きだす。

各エピソードで、大統領は配下の補佐官や専門家、部長やアシスタントとともに迅速に決断を下し、猛烈なスピードで計画を実行する。

もちろん、アメリカの最高の知性の集まった集団での出来事なので、そのままというわけにはいかないが、マネできるところはマネしてもよいのではないだろうか。

« 職業としてのプロ経営者/小杉俊哉 | トップページ | 何でもわかりやすくする技術、伝える技術/安田正 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 職業としてのプロ経営者/小杉俊哉 | トップページ | 何でもわかりやすくする技術、伝える技術/安田正 »