« 99%の社長が知らない銀行とお金の話/小山昇 | トップページ | マンガでよくわかる教える技術/石田淳 »

2016年2月25日 (木)

刑務所わず。/堀江貴文

Photo[2月13日(水)]
朝飯は、麦メシ、納豆、漬物。
昼飯は、麦メシ、さんま焼き、豚キムチ炒め、三杯酢(わかめ)、ジョア。
夕飯は、麦メシ、鶏ささ身チーズカツ、イカチリソース煮、巻繊汁。

刑務所の食事というと「クサいメシ」というイメージがある。

しかし、本書を読んでみると、どうもそうでもないらしい。

むしろ、上記のある日のメニューを見てみると、ちょっとしたヘルシーメニューである。

そういえば、刑期を終えたホリエモンが出所した時、スリムで健康的な体形になっていたことを思いだす。

食事以外でもそうである。

テレビや映画もある程度の制限はあるものの鑑賞可能。

本は友人知人に差し入れてもらえば、どんなに読んでも構わない。

そうなってくると、ある程度の不自由ささえ我慢すれば、それなりに過ごせるような気がする。

刑期を終えて出所しても、半分は戻ってくるというのもうなずける。

« 99%の社長が知らない銀行とお金の話/小山昇 | トップページ | マンガでよくわかる教える技術/石田淳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刑務所わず。/堀江貴文:

« 99%の社長が知らない銀行とお金の話/小山昇 | トップページ | マンガでよくわかる教える技術/石田淳 »