« 刑務所わず。/堀江貴文 | トップページ | 職業としてのプロ経営者/小杉俊哉 »

2016年2月26日 (金)

マンガでよくわかる教える技術/石田淳

Photo 部下に物事を伝えるとき、多くの人はまず優先順位を決めますが、私は「劣後順位」を決めることこそが重要だと思っています。

確かに、言われてみれば、部下に物事を伝える時、劣後順位を決めることは、まずない。

しかし、それこそ盲点になっているのではないだろうか。

部下、特に新人を育成しようとした場合、何も知らないというのが前提である。

何もしらないわけだから、当然、やらなくても良いこともしらない。

上司が「当たり前だろう」と思っていることが、部下にとっては当たり前ではないのである。

では、劣後順位を決めないで、仕事をやらせた場合、どうなるのか?

おそらく、なかなか結果がでない。

そのうちに、いやになってしまうかもしれない。

それでなくとも、今の若い人は、ムダなことはやりたくない、という感覚が強い。

また、最初の仕事の体験が、その後の仕事観となることも多いものである。

初めての仕事でその面白さを体験できれば、「仕事は面白いもの」という感覚を持つことができる。

一方、ムダなことはばかりをやらされたら、「仕事はつらく面白くないもの」という感覚を持つかもしれない。

その人の仕事観は、その後の人生を左右するほど大切なもの。

それをちょっとしたことでマイナスの印象を持たせるのは、あまりにもったいない。

機会の損失である。

「これとこれは目標達成には無関係なので、やる必要はありません。」

この一言が意外と大事なのかもしれない。

« 刑務所わず。/堀江貴文 | トップページ | 職業としてのプロ経営者/小杉俊哉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガでよくわかる教える技術/石田淳:

« 刑務所わず。/堀江貴文 | トップページ | 職業としてのプロ経営者/小杉俊哉 »