« クセのある上司を華麗にかわす技術 | トップページ | 成功者の名言/橘龍介 »

2016年2月12日 (金)

バカ上司を使いこなす技術/樋口裕一

Photo 上司は、どうしてバカになるのだろうか。理由は簡単。私に言わせれば、上司がバカな理由は、上司はバカであるように宿命づけられているからだ。

上司というのは、言ってみれば中間管理職にほかならない。

つまり上司には必ずその上司がいるのである。

サラリーマンである限り、上司のいないのは社長だけである。

いや、社長であっても、実際には前社長である会長が院政をひいていて、そのお伺いをたてなければ何も出来ないことすらある。

この大きな枠組みの中で、上司、部下の関係が成り立っているのである。

そして、たいていの場合、上司のさらに上の上司は無理難題を押しつけてくる。

上司はそれを部下に押し付ける。

その中には、非合理なこと、理不尽なこと、納得いかないこと等々、多々ある。

だから、良い上司がいないのは当たり前のことなのである。

問題は、そのような中で、自分はどう生きるかということ。

この現実を嘆いても仕方ない。

反抗しても、損するのは自分だ。

むしろ、これを良い学びにすべきだろう。

上司を通して、対人対応力を鍛えるのである。

社会の中で生きるということは、社会的な役割を果たすということである。

それはつまり、本音を言って素の自分でいるだけではなく、相手に合わせて違う自分を演出することにほかならない。

ビジネスパーソンには、「本当の自分はこうだから」といった凝り固まった考え方に捕らわれるのではなく、自分が属する環境をよい方向に変えていく柔軟性が必要になる。

部下の身分のとき、このことに気づいて実践していれば、将来にも大いに役立つことだろう。

« クセのある上司を華麗にかわす技術 | トップページ | 成功者の名言/橘龍介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バカ上司を使いこなす技術/樋口裕一:

« クセのある上司を華麗にかわす技術 | トップページ | 成功者の名言/橘龍介 »