« 「時間がない!」を卒業する200のアイデア/マイケル・ヘッペル | トップページ | 「論理力」のある人が成功する/出口汪 »

2016年2月29日 (月)

何でもわかりやすくする技術、伝える技術/安田正

Photo 23歳のときにイギリスへ行ったのですが、そこで嫌というほど思い知らされたのが、「自分は本当に伝えることが下手だ」ということでした。
 欧米人は本当に伝え上手で、簡単で、ロジカルで、わかりやすいのです。

日本人はどうして伝えることが下手なのか。

まず、日本語そのものの言葉の組み立てがロジカルでないということ。

そして、「あうんの呼吸」と言う言葉に代表されるように、「言わなくても分かるだろう」という文化的背景がある。

しかし、近年、そうも言っておれない現実が生まれてきた。

ダイバシティーという言葉に代表されるように、異質の人たちが同じ空間で仕事をする場面が増えてきている。

これからは「わかりやすく伝える」ということが、優秀な人材の一つの条件になってくるかもしれない。

« 「時間がない!」を卒業する200のアイデア/マイケル・ヘッペル | トップページ | 「論理力」のある人が成功する/出口汪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何でもわかりやすくする技術、伝える技術/安田正:

« 「時間がない!」を卒業する200のアイデア/マイケル・ヘッペル | トップページ | 「論理力」のある人が成功する/出口汪 »