« 非言語を言語化せよ/長倉顕太 | トップページ | 成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?/上阪徹 »

2016年2月18日 (木)

「仕組み」を作った社長が生き残る!/加納聖士

Photo 仕組みとは『人』に仕事をつけることではなく、『仕事』に人をつけること。

ここでいう「『人』に仕事をつける」とは、『人』中心で考えること。

具体的に『この仕事はAさんにはできるけど、Bさんにはできない』という考え方。

この場合、Aさんが辞めてしまうと、この仕事そのものがストップする。

これでは安定した経営はできない。

一方、「『仕事』に人をつける」とは人に依存せずに、誰がやっても同じ結果が出るようにすること。

この場合、Aさんが辞めても、Bさんも同じ仕事をするこができる。

そのためには仕組みを作り出すことが必要になる。

私が見たところ、ほとんどの中小企業は『人』に仕事をつけている。

逆説的だが、経営者が忙しく働いている会社ほど、成長できない。

経営者が必死になって働いているかぎり、中小零細企業を抜け出せまない。

社長が必死に働き、目の前の仕事をバリバリとこなしている会社は、ある一定レベルまでの成長できても、それ以上の成長を果たすことはできない。

成長している会社の経営者は『優れた人材』ではなく『優れた方法』に依存する。

ここでいう『優れた方法』とは、経験が少ない、または経験が無い人たちでも最高の成果を生み出せるような『仕組み』のこと。

『仕組み化』、これからの中小企業経営のキーワードになってくるのではないだろうか。

« 非言語を言語化せよ/長倉顕太 | トップページ | 成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?/上阪徹 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仕組み」を作った社長が生き残る!/加納聖士:

« 非言語を言語化せよ/長倉顕太 | トップページ | 成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?/上阪徹 »