« 内向型人間のための伝える技術/望月実 | トップページ | 限界費用ゼロ社会/ジェレミー・リフキン »

2016年3月24日 (木)

メイカーズ進化論/小笠原治

Photo 日本の大手メーカーの多くはこの「セットアップ」に失敗しているのではないでしょうか。言葉が悪いですがひとことで言えば「ダサい」のです。

日本のメーカーが苦境に陥っている。

ちょっと前まで好調だったシャープや東芝が、不正会計や身売りの話で、マスコミをにぎわすという体たらく。

どうしてこんなことになってしまったのか。

著者が言うには、それはセットアップに失敗しているから。

人々が競うように新商品に飛びつく要因は「どれだけ新しい技術が、その製品の中で使われているのか」ではなく、「どれだけ便利で生活が面白くなるのか」など、その製品のコンセプトにある。

そのコンセプトを生み出すのが「セットアップ」である。

いわば、どんな機能をモジュールの組み合わせで作り出し、カッコいい、かわいい外装部品でデザインできるかということ。

さらに、セットアップのセンスには二種類ある、という。

一つは感性に基づくもので、見た目や心地よさなど言葉にならないデザイン的な感覚。

もう一つは理性に基づくもので、数学的なセンスやロジックをきちんと理解すること。

こうしたセットアップの面で、日本は後塵を拝してしまった。

そろそろモノ作り神話から脱すべきときではないだろうか。

« 内向型人間のための伝える技術/望月実 | トップページ | 限界費用ゼロ社会/ジェレミー・リフキン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メイカーズ進化論/小笠原治:

« 内向型人間のための伝える技術/望月実 | トップページ | 限界費用ゼロ社会/ジェレミー・リフキン »