« ザ・コーチ/谷口貴彦 | トップページ | なぜ、この人と話をすると楽になるのか/吉田尚記 »

2016年4月 4日 (月)

執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学/新井直

53 大富豪が怪しげなビジネスの話をお聞きになるのは、そこに大きな可能性と先行者利益が含まれているからなのです。

著者は執事として、多くの大富豪に仕えた経験がある。

その体験から、大富豪の共通点は何かということを記したのが本書である。

面白いのは、大富豪は怪しげなビジネス話が大好きだということ。

実現不可能、理解不能と思われる話でも、「それはどういう仕組みでやるの?」「何年後なら実現可能なの?」と矢継ぎ早に質問するという。

大富豪はこういう夢のような話が大好きだとのこと。

しかし、考えてみれば、30年前、夢のような話だった携帯電話やインターネット、SNSが、今は現実となっている。

夢のような話の中にこそ、ビジネスのヒントが隠されているということを大富豪は知っているからであろう。

しかし、夢のような話に興味を示すことと、それに手を出すこととは別の話。

その面では、大富豪は非常に現実的だとのこと。

つまり、成功者になるためには、先進性と堅実性を併せ持つことが必要ということではないだろうか。

« ザ・コーチ/谷口貴彦 | トップページ | なぜ、この人と話をすると楽になるのか/吉田尚記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学/新井直:

« ザ・コーチ/谷口貴彦 | トップページ | なぜ、この人と話をすると楽になるのか/吉田尚記 »