« 桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか/鳩山玲人 | トップページ | 執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学/新井直 »

2016年4月 3日 (日)

ザ・コーチ/谷口貴彦

Photo 「まずは、夢やゴールや目標に対するビリーフ、つまり信念を書き変える方法です。ブレーキが働く人に共通するビリーフに、次のような考え方があります。
《目標を立てたら、最後までやり遂げなくてはいけない》
《ゴールや目標を立てたら、変えてはいけない》
 このような思い込みと言っていいビリーフは、時として、ブレーキを働かせます。

「ビリーフ」とは思い込みである。

例えば、「目標は一度立てたら変えてはいけない」という考え方。

これら明らかに思い込みである。

目標は環境の変化に応じて変えても良い。

これが合理的な考え方。

目標を立てから最後までやり遂げることは大事なことだが、「ねばならない」というほどの絶対的なものではない。

だからこれらの思い込みは書き換える必要がある。

たとえば、《目標は、あくまでも目的のための通過点なので、いつでも再設定していい》とか、

《目的には最後までこだわる方がいいが、目標はいくつもの選択肢がある》とか、

《目標は最後までやり遂げるに越したことはない》

というように考え方を変えればよい。

これだけでも目標に対してもっと前向きになれるのではないだろうか。

« 桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか/鳩山玲人 | トップページ | 執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学/新井直 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・コーチ/谷口貴彦:

« 桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか/鳩山玲人 | トップページ | 執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学/新井直 »