« ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」/荒木香織 | トップページ | 人生の目的が見つかる魔法の杖/西田文郎 »

2016年4月21日 (木)

スローキャリア/高橋俊介

Photo 私はやはり目標を持つのであれば、キャリアではなく仕事の中で持つべきだと思う。それも三ヵ月、六ヵ月、一年という短い単位で目の前の仕事に課題を持って取り組み、そこで新しいスキルを身に付けていく。それを繰り返していくことが、いちばん合理的な自律的キャリア形成につながるのではないだろうか。

キャリアというと、5年後、10年後の明確な目標を立てて、そこから逆算していまを考えていくという詰め将棋のようなやり方が合理的であると考えがちだ。

しかし、このような目的合理的キャリア形成というのは、いまの時代には適合しない。

なぜなら、今のような変化の激しい時代には、5年後10年後に、目指す仕事がなくなっている可能性があるからである。

あるいは、名称は同じ仕事でも、全く違ったスキルが必要になっているかもしれない。

そうなってくると、長期的なキャリアの目標を持つことは、かえってリスクを大きくする。

まさにキャリアショックがおこるのである。

ではどうすればよいのか。

今の仕事に課題を持って取り組み、自分の内なる動機を明確にすることである。

自分を内側から動かしている動機が分かってくると、それによって自分に向いた仕事のスタイルが生まれる。

それが自分らしさにつながる。

間違っても、キャリアを間違って捉え、転職を繰り返し、結局何も身につかなかったということにならないことである。

« ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」/荒木香織 | トップページ | 人生の目的が見つかる魔法の杖/西田文郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スローキャリア/高橋俊介:

« ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」/荒木香織 | トップページ | 人生の目的が見つかる魔法の杖/西田文郎 »