« 執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学/新井直 | トップページ | 営業という仕事を2文字で説明してください/山下義弘 »

2016年4月 5日 (火)

なぜ、この人と話をすると楽になるのか/吉田尚記

Photo 現代日本に生きるぼくたちが知っている、いちばん有名な質問は何か?タモリさんの「髪切った?」じゃないでしょうか。

芸能界で一番対談がうまいのは誰か?

個人的にはタモリが一番だと思っている。

とにかく気張ったところがない。

あくまで自然体。

テンションも決して高くない。

でも、それが相手の安心感になる。

だから、ついつい本音をポロリと言ってしまう。

そんなうまさがある。

そのタモリの有名な質問に「髪切った?」というのがあるという。

これには質問に必要な要素がちりばめられている、という。

まず一つ目は、この質問は、前回と今回の変化を指摘している、ということ。

人は誰も自分に関心を持ってもらいたいと思っている。

自分の変化を気づいてもらったということは、自分に関心を持っているというサイン。

当然、相手は心を開く。

二つ目は、他愛がない、ということ。

さほど重大ではないとみんなが思ってることは、相手にとっても応えるリスクが少ない。

そういう質問は楽でいい。

三つ目は、返答のリカバリーができる、ということ。

「髪切った?」に対して、もし「切ってないです」って反応があったとき、一瞬「あれ、じゃあなんでだろう?」って思う。

「じゃあ、染めたのかな、まとめ方が違うのかな、でもなんか違うように見えるんだけど……」。

質問した側のそういうとまどいは相手にも伝わる。

すると答える側は、「切ってないけど、整髪剤を替えてみたから」とか「いつもと違う髪留めにしてみたから」とか、いくらでも答えをリカバリーできる。

リカバーしているあいだに一瞬漂った気まずさを駆逐できる。

そんなことが書いてあった。

ナルホド、である。

こんな質問をさりげなくできるところが上手さなのだろう。

« 執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学/新井直 | トップページ | 営業という仕事を2文字で説明してください/山下義弘 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、この人と話をすると楽になるのか/吉田尚記:

« 執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学/新井直 | トップページ | 営業という仕事を2文字で説明してください/山下義弘 »