« 金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ/永江一石 | トップページ | この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう/池上彰 »

2016年4月27日 (水)

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」/池上彰

Photo 現時点で戦後の日本経済を見るとき、大事なのは、生産活動に従事する人たちの意欲でしょう。農地解放にせよ、財閥解体による競争にせよ、「努力すれば報われる。働けば働くほど豊かになれる」という実感が得られれば、人は一生懸命働くのです。企業も社会も、そんな条件や体制をどう構築するかが問われます。

戦後の焼け野原の状態から、日本が復興を遂げたのは、「頑張れば報われる」という社会体制を作ったからである。

これは企業の問題に当てはめるとよく分かる。

企業が人事制度を策定する場合、決してやってはならないことがある。

それは「頑張っても頑張らなくても同じ」という制度を作ることである。

人間、弱いもので、そうすると「頑張らない」のである。

それは企業を衰退させる。

「頑張ったものが報われる」企業や社会を作ること。

活性化させるために忘れてはならない勘所だと思う。

« 金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ/永江一石 | トップページ | この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう/池上彰 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ/永江一石 | トップページ | この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう/池上彰 »