« 上司力/江口克彦 | トップページ | 40字要約で仕事はどんどんうまくいく/原田虔一郎 »

2016年5月27日 (金)

自分の「性格説明書」9つのタイプ/安村明史

9 皆さんは、はじめに裸で生まれてきますが、仕事で信用を得るために「協調性があるように振る舞おう」、あるいは、好きな人に振り向いてもらいたいから「献身的に尽くす姿を見せよう」というように、他者に見せたい自分の姿、つまり衣服を次々に重ね着しています。この重ね着した状態が、自分の性格や人格を表します。

気質や自我と呼ばれるものは性格や人格とは違う。

気質や自我は言わば「裸のままの自分」である。

対して、性格や人格は私たちが年を取るにつれ変化する。

例えば、私の場合は、仕事の影響が大きかったと思う。

営業の仕事をしていた時は「できる営業マン」を演じていた部分があった。

今は人事コンサルタントをしているので、やはり人事コンサルタントを演じている部分がある。

そして演じ続けることによって、性格や人格は徐々に変化していく。

そうすると、本来の自分がどうなのかがだんだんわからなくなってゆく。

だから「裸のままの自分」を理解している人はまれなのではないだろうか。

またそれを客観的に説明できる人は稀だと思う。

逆に言えば、重ね着している衣服を一枚一枚剥がしていく作業、それは自分を知るということではないだろうか。

その意味でエニアグラムは非常に有効なツールになり得る。

ぜひ、極めていきたい。

« 上司力/江口克彦 | トップページ | 40字要約で仕事はどんどんうまくいく/原田虔一郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の「性格説明書」9つのタイプ/安村明史:

« 上司力/江口克彦 | トップページ | 40字要約で仕事はどんどんうまくいく/原田虔一郎 »