« なぜ、あの人の「主張」だけ通るのか?/太田龍樹 | トップページ | あきらめない力/酒向正春 »

2016年5月20日 (金)

恐れない技術/桜井章一

Photo 勝負で大事なことは、「どうやったら勝つか」ではなく、「いかに、いい勝負ができるか」だ。それを第一に考えると、自分だけでなく相手のこともよく見えてくる。

誰もが恐れを持っている。

何も恐れがない人物がもしいたとしたら危なっかしくてしょうがない。

人は恐れがあるからこそ、危機を回避し、予防することができる。

ただし、恐れにとらわれたり、支配されたりするのであれば、それはそれで問題だ。

事によれば何もできなくなってしまう。

さて、著者は「雀鬼」の異名をとる伝説の勝負師。

勝負師である以上、勝ち負けにこだわるのはあたりまえ。

しかし、それにこだわりすぎると、恐れが起こる。

そこで著者は、「どうやったら勝つか」ではなく、「いかに、いい勝負ができるか」を考えるという。

おそらくそれによって恐れにとらわれるのを回避することができるのであろう。

つまりちょっとした心の持ちようによって、恐れにとらわれなくなる、ということではないだろうか。

« なぜ、あの人の「主張」だけ通るのか?/太田龍樹 | トップページ | あきらめない力/酒向正春 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐れない技術/桜井章一:

« なぜ、あの人の「主張」だけ通るのか?/太田龍樹 | トップページ | あきらめない力/酒向正春 »