« リーダー論/高橋みなみ | トップページ | エニアグラム読心術。/花菱昼男 »

2016年5月11日 (水)

本能タイプでわかる上手な人とのつきあい方/中嶋真澄

Photo 人間を家に例えると、3階建ての家に例えられます。ちょっとイメージしてみてください。この家は、1階部分が本能の部屋、2階部分が感情の部屋、3階部分が思考の部屋です。1階から3階までの風通しがよく、必要な時にスムーズに行ったり来たりできるのが、機能的で住み心地のいい良い家です。

最近、エニアグラム関連の本を中心に読んでいる。

エニアグラムの研修を受けたことがきっかけなのだが、分かってきたことは、私たちの表面的な言動は、実はもっと奥深くの本能の部分が影響を与えているということ。

そして、それらは普段私たちが社会生活を送っている時にはなかなか意識出来ない部分であるということ。

しかし、その部分を意識することによって、もっと楽に生きられるようになるということである。

仕事にしても人間関係にしても、私たちは目に見えぬ本能によって支配されている。

私の場合は、「自己保存優位」の傾向があることが分かった。

自己保存本能とは、自分のテリトリーを守り、居場所を確保する、いわば巣作り本能のようなものだというと。

振り返ってみると、確かに当たっている部分がある。


« リーダー論/高橋みなみ | トップページ | エニアグラム読心術。/花菱昼男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本能タイプでわかる上手な人とのつきあい方/中嶋真澄:

« リーダー論/高橋みなみ | トップページ | エニアグラム読心術。/花菱昼男 »