« 戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!/永井孝尚 | トップページ | 明日、会社を辞めても「稼げる人」になれる本/金子欽致 »

2016年5月23日 (月)

寿命100歳以上の世界/ソニア・アリソン

Photo ある人が30年は実業界で過ごし、もう30年は医師として過ごし、あとの25年は教育を通じて人的資本を強化する期間にあてる割り振りが可能かもしれないのだ。人生の第2、第3の目標がかなうので、人々は重大な障害が生じるまで引退を延ばすかもしれない。そして、150年の寿命の後半期に入って健康が衰えた場合に限って、人の労働時間は減るだろう。

人間の寿命は確実に伸びている。

私が子供のころいだいていた60歳はヨボヨボの初老の人というイメージだった。

しかし現代の60歳は明らかに違う。

これは単なるイメージの問題ではなく、明らかに健康になってきているし、体力もある。

医療の進化等によってそうなっているのであろう。

では今後どうなるのか?

少なくとも20歳で社会に出て、60歳で引退という職業モデルは確実に変わっていくであろう。

「引退」という言葉は定義し直され、新しいキャリアを築くために集中的な訓練を受ける期間を意味するようになるかもしれない。

いずれにしても、新しい発想でキャリアを考える時期に来ているのではないだろうか。

« 戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!/永井孝尚 | トップページ | 明日、会社を辞めても「稼げる人」になれる本/金子欽致 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寿命100歳以上の世界/ソニア・アリソン:

« 戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!/永井孝尚 | トップページ | 明日、会社を辞めても「稼げる人」になれる本/金子欽致 »