« リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間/高野登 | トップページ | 世界を変えたいなら一度〝武器〟を捨ててしまおう/奥山真司 »

2016年6月26日 (日)

エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。/山口真由

Photo 上司に何かを提案するとき、自分が考えたことのすべてを書面に盛り込むことはしない。だいたい8割を書いて、2割はあえて入れない。

ちょっとした技能、機転、技術、これらを積み上げていくことがやがては大きな成果を生みだす。

これが本書で著者が言っている事。

例えば、上記の8割主義。

提案をするときは2割の突っ込みどころを残すというやり方。

なぜ10割ではダメなのか?

すべてがガチガチに固められた提案書は、実は、柔軟性に欠ける。

ある欠点に気づいたときに、ひとつを直そうとすると、こちらも、あちらもと、さまざまなところに影響が出てしまう。

それを理由に、提案自体が退けられることになるかもしれない。

ところが8割が書き込まれた提案書は、書かれていない2割が、突っ込みどころとなる。

しかし、逆に考えれば、この2割こそが、上司からの批判や新たな提案を受け入れる「余地」になる。

この2割の余地によって、上司の提案による変更部分を吸収し、もともとの提案とうまく組み合わせることができる。

上司にとっては、提案をそのまま退けるのではなく、より良い提案に変容させるための、バッファーとなる、というのである。

覚えておきたい、ちょっとした仕事のコツである。

結局、仕事のできる人というのは、このようなコツをたくさん持っている人なのであろう。

« リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間/高野登 | トップページ | 世界を変えたいなら一度〝武器〟を捨ててしまおう/奥山真司 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリートの仕事は「小手先の技術」でできている。/山口真由:

« リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間/高野登 | トップページ | 世界を変えたいなら一度〝武器〟を捨ててしまおう/奥山真司 »