« レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか/ヴォルフガング・ヒュアヴェーガー | トップページ | 賊軍の昭和史/半藤一利、保阪正康 »

2016年6月21日 (火)

天才/石原慎太郎

Photo 初めて出合った毛は大層にこやかだった。握手の後いきなり、
「周首相との喧嘩はすみましたか。喧嘩しなけりゃ駄目ですよ。喧嘩をしてこそ仲良くなれるものですからね」

今、田中角栄ブームが来ている。

そのきっかけになったのが本書である。

石原氏が角栄の独白という形で記している。

田中角栄が行ったことで、もっとも大きなことはやはり日中国交正常化であろう。

賛否両論がある中で中国に行って正常化交渉をし、話をまとめてきた政治家としての器の大きさを感じさせる。

それと比較すると、今の政治家、小粒になったという印象だ。

« レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか/ヴォルフガング・ヒュアヴェーガー | トップページ | 賊軍の昭和史/半藤一利、保阪正康 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天才/石原慎太郎:

« レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか/ヴォルフガング・ヒュアヴェーガー | トップページ | 賊軍の昭和史/半藤一利、保阪正康 »