« USJを劇的に変えた、たった1つの考え方/森岡毅 | トップページ | エゴの力/石原慎太郎 »

2016年6月 5日 (日)

逆転のメソッド/原晋

Photo「ええか。出世するのは、金もうけのためではないのだよ。社会に貢献し、いい影響を及ぼすためだ。たとえば、飲料メーカーに入ったら、その飲料をどうやって世の中に広めていくか、そのパイオニアになっていかな、ダメだぞ。そのためにはいいポストに就かなダメだし、そのために出世するのだよ」

青山学院を2年連続箱根駅伝優勝に導いた原晋監督。

氏は、教え子には社会にでたら出世するように教えるという。

元中国電力の営業マンだった原監督だからこそ言えることだと思う。

今、出世しなくても良いという若手社員が増えている。

しかし、もし、やりたい仕事をしたいと思うならば出世することである。

出世してある程度のポストを与えられれば、責任ある仕事を任せてもらえるようになる。

仕事の面白さや醍醐味はそうなったとき実感できるものである。

少なくとも、いつまでも下っ端では、ろくな仕事はさせてもらえない。

そう考えると、出世主義も決してわるいことではないと思う。

« USJを劇的に変えた、たった1つの考え方/森岡毅 | トップページ | エゴの力/石原慎太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆転のメソッド/原晋:

« USJを劇的に変えた、たった1つの考え方/森岡毅 | トップページ | エゴの力/石原慎太郎 »