« 私が「白熱教室」で学んだこと/石角友愛 | トップページ | ルールを変える思考法/川上量生 »

2016年6月13日 (月)

出現する未来から導く/C・オットー・シャーマー、カトリン・カウファー

Photo すでに4・0の世界(エコ)で動いている現実と、ほとんど2・0の思考世界(エゴ)にとらわれたままのリーダーシップをどう一致させればいいのだろう。その一致こそが、リーダーの新しい仕事の真髄だ。

本書では経済思想の変遷を4段階に分類している。

1.0は国家中心モデル。

単一セクター社会における階層制と支配を通した調整を特徴とする。

2.0は自由市場モデル。

第二のセクター(民間)の台頭と、市場と競争のメカニズムを通した調整を特徴とする。

3.0は社会的市場モデル。

第三のセクター(NGO)の台頭と、組織された利益団体間の交渉による調整を特徴とする。

4.0は共創造のエコ‐システム・モデル。

すべてのセクターの利害関係者の参加によるセクター横断的イノベーションのためのプラットフォームを創造し、場をホールド(保持)する第四のセクターの台頭を特徴とする。

エコ‐システムとは、その構成要素が、周囲の環境、つまり生態学的、社会的、知的、精神的な状況と一つの単位、いわば家全体として相互に作用し合うシステム。

つまり現在はすでに4.0に突入しているのだが、リーダーシップの考えは2.0のままということが多い。

また、今日の実体経済は高度に相互依存的なエコ‐システムの集合であるが、その中のプレーヤーの意識は多くのエゴ‐システムに分裂している。

エコ‐システムの現実とエゴ‐システムの意識のギャップを埋めることが、今日のリーダーシップの最も重要な課題だということであろう。

« 私が「白熱教室」で学んだこと/石角友愛 | トップページ | ルールを変える思考法/川上量生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私が「白熱教室」で学んだこと/石角友愛 | トップページ | ルールを変える思考法/川上量生 »