« 「あなたのところから買いたい」とお客に言われる小さな会社/佐藤元相 | トップページ | ブルー・オーシャン戦略/W・チャン・キム、レネ・モボルニュ »

2016年6月 2日 (木)

タックスヘイブン/橘玲

Photo また税金もきわめて安く、金融所得は利子・配当や譲渡所得もすべて非課税で、相続税や贈与税もない。所得税の最高税率は20パーセントだが地方税はなく、そのうえ海外で得た所得は、それをシンガポール国内で受け取ったとしても非課税だ。法人税率は17パーセントと香港と並んでアジアでもっとも低く、それに加えてさまざまな優遇税制が用意されている。多国籍企業がグローバル本社をシンガポールに置くと、法人税率は実質ゼロになるという。

今話題のタックスヘイブンの問題について、理解の一助となればと思い読んでみた。

本書はあくまでフィクションであり、ストーリーもそれほどリアリティーのあるものではなく普通の小説である。

ただ、本書の登場人物がそうであるように、各国の税率が違うのであればそれを利用しようとするものが現れるのは当然のことと言えよう。

どこまでが合法でどこからが非合法なのか、その線引きは難しい。

どこまでが節税でどこからが脱税なのか、その線引きも難しい。

また合法であれば何をやっても許されるのかと考えると、その考えにも疑問が残る。

やはり法律論には限界がある。

結局、人は何のために生きるべきか?どう生きるべきか?という人類永遠の命題に答えを求めるしかないのかもしれない。

« 「あなたのところから買いたい」とお客に言われる小さな会社/佐藤元相 | トップページ | ブルー・オーシャン戦略/W・チャン・キム、レネ・モボルニュ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タックスヘイブン/橘玲:

« 「あなたのところから買いたい」とお客に言われる小さな会社/佐藤元相 | トップページ | ブルー・オーシャン戦略/W・チャン・キム、レネ・モボルニュ »