« 入門 犯罪心理学/原田隆之 | トップページ | フィッシュ!/スティーヴン・C・ランディン、他 »

2016年7月25日 (月)

プーチンはアジアをめざす/下斗米伸夫

Photo  たとえるならば、彼は一流のチェスプレーヤーのような存在である。プーチンは、西側諸国が進めてきた〝ウクライナ革命〟というコマに対して、冷静に計算しながら対抗手を打ってきた。一方で日本に対しては、その出方をうかがうために、〝変化球〟のようなコマを進めたのである。

プーチン大統領は日本では元KGBの独裁的な指導者という印象が強い。

しかし、それはあくまで一面である。

プーチンは一方で国民から8割の支持を受けている指導者でもある。

ロシア人の多くはプーチンに好意的である。

プーチンがロシア人から支持されるのは、やはり「ロシアを守る」、あるいは「ロシアを取り戻す」という保守主義によるところが大きい。

この点は、安倍首相と共通点が多い。

そして外交は非常にしたたかで現実的である。

著者の予想だと今後ロシアは徐々に外交の軸足をアジアにシフトしてくるということ。

中でも重視してくるのが、中ロ関係、日ロ関係であろうと。

今後のアジア情勢をみるとき、プーチンの言動に注視していく必要があるということではないだろうか。

« 入門 犯罪心理学/原田隆之 | トップページ | フィッシュ!/スティーヴン・C・ランディン、他 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プーチンはアジアをめざす/下斗米伸夫:

« 入門 犯罪心理学/原田隆之 | トップページ | フィッシュ!/スティーヴン・C・ランディン、他 »