« 日本経済はなぜ浮上しないのか/片岡剛士 | トップページ | なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?/パコ・ムーロ »

2016年7月 7日 (木)

人を助けるすんごい仕組み/西條剛央

Photo「この悲惨な出来事を肯定することは決してできないけれども、あの出来事があったからこんなふうになれたのだ、と思うことはできる。それが僕らが目指すべき未来なのだ」

過去は変えられない、しかし、過去の意味は変えることができる。

例えば、過去、ある会社をリストラされたとする。

その事実は決して変えることはできない。

そして、それは「不幸な出来事」として記憶されることだろう。

しかし、仮にリストラされた結果、新しい仕事に就き、それが長い間探し求めてきた天職だったとする。

すると、「あのリストラがあったからこそ、今の天職に巡り合えた」ということになり、リストラは「幸運な出来事」になる。

つまり未来が過去の出来事の意味を変えたのである。

多くの出来事は、その受け止め方によってずいぶんと変わるのではないだろうか。

そしてその受け止め方によって、その後の未来も変わっていくのではないだろうか。

« 日本経済はなぜ浮上しないのか/片岡剛士 | トップページ | なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?/パコ・ムーロ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人を助けるすんごい仕組み/西條剛央:

« 日本経済はなぜ浮上しないのか/片岡剛士 | トップページ | なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?/パコ・ムーロ »