« 疲れない脳をつくる生活習慣/石川善樹 | トップページ | 入門 犯罪心理学/原田隆之 »

2016年7月23日 (土)

米原万里の「愛の法則」

Photo  グローバリゼーションは「グローブ」という言葉が基になっています。グローブというのは、地球の球、地球儀のことです。英語で地球はアースでしょ? と思われるかもしれませんが、グローブは地球の球形、つまり丸いことを強調するときに使います。グローバリゼーションというのは、英語ですから、イギリスやアメリカが、自分たちの基準で、自分たちの標準で世界を覆いつくそうというのがグローバリゼーションです。

これは国際人である著者だからこそいえることだと思う。

「国際化」と言うとき、日本人が言っている国際化は、国際的な基準に自分たちが合わせていくという意味である。

ところがアメリカ人が言うグローバリゼーションは、自分たちの基準を世界に普遍させるということ。

自分たちは変わらない、しかし、相手には変わることを要求する。

自分たちは正当であり、正義であり、自分たちが憲法である。

これを世界各国に強要していくことがグローバリゼーションである。

つまり、同じ国際化と言っても、自分を世界の基準にしようとする「グローバリゼーション」と、世界の基準に自分を合わせようとする「国際化」とのあいだには大きな溝がある。

真逆の意味である。

だからグローバリゼーションという言葉が新聞やテレビででてきたとき、それがどんな意味どんな文脈で使われているのか、注視する必要があるということであろう。

« 疲れない脳をつくる生活習慣/石川善樹 | トップページ | 入門 犯罪心理学/原田隆之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米原万里の「愛の法則」:

« 疲れない脳をつくる生活習慣/石川善樹 | トップページ | 入門 犯罪心理学/原田隆之 »