« エクセレントな仕事人になれ!/トム・ピーターズ | トップページ | ハーバードの〝正しい疑問〟を持つ技術/ロバート・スティーヴン・カプラン »

2016年8月14日 (日)

「考え方・伝え方」のきほん/HRインスティテュート

Hr そうはいっても、やらされ感を感じてしまうのは、たいてい“手段”に意識がいってしまっているからです。“目的”と“手段”は、混同しやすいものです。常に今やっていることの“そもそもの目的は何か”ということを見失わないことがポイントになります。

やらされ感で仕事ををしている人は多い。

そもそも仕事とは会社がやってほしいというものを個人に割り振って行うもの。

とうぜん、そのままでは「やらされ感」が出るのは当たり前である。

そこでそうならないための個人の取り組みが必要になる。

それは「何のために」ということを自ら考えることである。

少し目線を上げて、「どんな小さな仕事も会社の大切な目的の実現につながっている」と意識を変えてみると、同じ業務でもやりがいを感じられるようになる。

このとき、会社の目的と自分自身の目的を重ね合わせておくことも重要。

自分は何のために今の会社にいるのか、自分の人生にとって今がどういう時間なのか考え、自分の人生にとって意味のある仕事とわかれば、目の前の単純な作業にも意義を感じやすくなる。

組織の目的と自分のつながりを意識し、どんな仕事にも自分自身で意味を見出すことが仕事を面白くするコツではないだろうか。

« エクセレントな仕事人になれ!/トム・ピーターズ | トップページ | ハーバードの〝正しい疑問〟を持つ技術/ロバート・スティーヴン・カプラン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「考え方・伝え方」のきほん/HRインスティテュート:

« エクセレントな仕事人になれ!/トム・ピーターズ | トップページ | ハーバードの〝正しい疑問〟を持つ技術/ロバート・スティーヴン・カプラン »