« 決断力/羽生善治 | トップページ | はじめてのリーダー論/小倉広 »

2016年8月 4日 (木)

なぜか評価される人の仕事の習慣/濱田秀彦

Photo  評価される人は、納期を守るのはもちろんのこと、予定納期よりも早く提出する「前倒し」をします。
  この印象は、結構大きいものです。

良い悪いは別にして、会社には実力より高く評価される人と、低く評価される人とがいる。

ある面、不公平だと思うのだが、事実である。

私自身、人事評価の現場に立ち会っているので、よくわかる。

では、評価される人はどこがどのように違うのか?

一言で言えば目立つか目立たないかの違いである。

しかもそれはちょっとしたこと。

例えば、上記の「納期前に前倒しして提出する」こと。

納期ギリギリに提出する人が大部分なのでこれは目立つ。

だから「彼は仕事ができる」と評価される。

でも最初はちょっとした違いでも、その後の展開は大きく変わってくる。

評価される人は、次々と重要なな仕事を与えられる。

そこで結果をのこせば、更にまた評価される。

つまり、良いスパイラルが回りだすのである。

「たかが評価、されど評価」ということではないだろうか。

所詮、会社という組織は感情を持つ人間の集まり。

合理性だけでは動かないということである。

« 決断力/羽生善治 | トップページ | はじめてのリーダー論/小倉広 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜか評価される人の仕事の習慣/濱田秀彦:

« 決断力/羽生善治 | トップページ | はじめてのリーダー論/小倉広 »