« バルセロナ戦術アナライズ/西部謙司 | トップページ | ヘッドライン スクープ/今野敏 »

2016年9月28日 (水)

砂漠の塩/松本清張

Photo 真吉が服のポケットから白い瓶を二つ取り出した。泰子は彼の胸に顔をうずめた。
「いいか、ぼくから先に飲むよ」
 彼は瓶の蓋を開き、泰子の背中を押えた。突然、彼女の手が上に伸びて、彼の口を塞いだ。
「いや、いや」彼女は身体を激しく揺すった。「わたしから、先よ。飲ませて……」
 泰子は顔を仰向かせ、口を開けて待った。
「ぼくから先にしよう。見ていてくれ。ぼくの通りにするんだよ」
「いや、あなたこそ、わたしの飲むのを見まもってね、お願い……」

松本清張の小説といえば推理小説と思いがちだが、本書は恋愛小説である。

それも不倫もの。

さながら失楽園を思わせる。

妻を捨てた男と夫を裏切った女がカイロへと旅立ち、砂漠の中で死地を求めてさまよう。

そして妻を求めてその跡を追う夫。

結末は悲劇的である。

救いようがない。

「砂漠」とは「不毛」を象徴させる。

「不毛の愛」をテーマにするために、清張はあえて砂漠を場面に設定したのではないだろうか。

« バルセロナ戦術アナライズ/西部謙司 | トップページ | ヘッドライン スクープ/今野敏 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠の塩/松本清張:

« バルセロナ戦術アナライズ/西部謙司 | トップページ | ヘッドライン スクープ/今野敏 »