« 入社1年目から使える「評価される」技術/横山信治 | トップページ | [真珠湾]の日/半藤一利 »

2016年9月 7日 (水)

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない/町山智浩

Photo 筆者が毎晩欠かさずに観るアメリカのテレビ番組は、夜11時半からの国民的トーク・ショー『トゥナイト』。この番組でいちばん面白いのは「ジェイウォーキング」というコーナーだ。司会のジェイ・レノが街頭の人々に、小学生レベルの質問をしていく。たとえば北京オリンピックの最中には、こんな感じ。
「今、オリンピックやってる国はどこですか?」
「アメリカ? ……じゃないのね……」
「ヒント。アジアです」
「タイかしら?」
「……オリンピック発祥の地は?」
「アメリカ?」
 答えているのは小学生とかチンピラじゃない。きちんとした服装の白人女性だ。レノは思わず尋ねる。「ところで職業は?」
「大学生。教育学部よ。先生になるの!」
 ギャフン。スタジオの観客は大爆笑。

私たちが考えるアメリカ人と、本当のアメリカ人とは随分ギャップがある、というのが本書を読んだ印象である。

通常、私たちはテレビメディアを通して、アメリカ人を知る。

大部分はワシントンやニューヨークといった大都市のアメリカ人である。

当然、ある程度の知的レベルにある。

世界の動向にも関心を持っている。

しかし、それはアメリカ人の中ではむしろ少数派のようだ。

大部分のアメリカ人は世界のことはほとんど知らない。

関心もない。

きわめて内向き志向。

トランプ氏が共和党の大統領候補になってしまったのも、このような背景があるのだろう。

« 入社1年目から使える「評価される」技術/横山信治 | トップページ | [真珠湾]の日/半藤一利 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない/町山智浩:

« 入社1年目から使える「評価される」技術/横山信治 | トップページ | [真珠湾]の日/半藤一利 »