« また、あの人と働きたい/黒岩功 | トップページ | さよなら、シリアルキラー/バリー・ライガ »

2016年9月16日 (金)

生きのびろ!!/雨宮処凜

Photo_2 そんなテント村には、やはり「助け合い」が息づいている。例えば本当に「死にそう」な人が来た場合も、声をかけたりするという。
 「特に冬とかは凍死しちゃうんでね。『あっちだったら寝れるよ』とか『あそこに行ったらあったかいよ』とか。死なない方法をみんな知ってるんで、声かけるんですよね」

貧困生活の中でも自分らしくたくましく生きる8人のルポルタージュである。

ホームレスとか派遣村とか、これらの言葉からはマイナスイメージしか伝わってこない。

しかし、そのような環境の中でも、たくましく、前向きに、そして自分らしく生きている人がいる。

水道とトイレは公園にある。

お風呂はお金のある時に銭湯に行く。

お金なくてもパンとハムとバナナは食べれるし、他も何かと回ってきたりする。

テントと場所さえあれば、わずかなお金で生きていける。

「テント村」には、普通の生活ではなかなか触れることのない「助け合い」が当たり前にある。

そして、みんな、なんだか妙に「生き生きしている」ことが非常に印象深い。

人間、どんなことをしても生きられるんだなと思ってしまった。

« また、あの人と働きたい/黒岩功 | トップページ | さよなら、シリアルキラー/バリー・ライガ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きのびろ!!/雨宮処凜:

« また、あの人と働きたい/黒岩功 | トップページ | さよなら、シリアルキラー/バリー・ライガ »