« 会社を踏み台にして昇る人踏み台にされて終わる人/夏川賀央 | トップページ | 「ない仕事」の作り方/みうらじゅん »

2016年10月29日 (土)

愛があるなら叱りなさい/井村雅代

Photo 選手たちの自主性に任せているだけでは、厳しい練習はできません。選手たちには、私という「強制者」が必要なのです。
「いやな奴だけど、やらないと怒られるから」
 と選手たちに思わせる「強制者」がいないとダメなのです。私は、それが指導者というものの存在価値だと思っています。

シンクロナイズドスイミング日本代表の井村コーチの著書である。

低迷していた日本代表をメダルを取れるまで育成した手腕は誰もが認めるところである。

その練習の光景をテレビで観たことがあるが、スパルタ式そのもの、まさに地獄の特訓である。

井村コーチの指導のスタイルは「叱る」「強制する」というところにある。

今の世の中、「自主性」を重んじる傾向がある。

確かに、人から言われてやるよりも、自ら進んで自主的にやった方がよいに決まっている。

その方が楽しいし、相手の抵抗も少ない。

コーチングなどはそれを引き出すためのスキルだといってよい。

しかし、あまりにも自主性を尊重しすぎるあまり、変な方向に行ってしまうことも多々あるのではないだろうか。

どこかで「自主性」を「自分勝手」と勘違いしている人もいる。

そしていつの間にか「強制は悪」という風潮ができあがってしまっているように感じる。

そもそも強制は本当に悪なのだろうか?中には「強制」されなければ身につかなかったこともあったはずである。

例えば、子供のころ、無理やり学校に行かされ、強制的に覚えさせられなければ掛け算の九九も言えなかったのではないだろうか。

漢字も書けなかったのではないだろうか。

成長の過程で、無理やりにでも耐えさせて、何かをやり遂げさせることが必要な時期もある。

「強制」と「自主性」、どちらが正しいということでなく、要は相手や状況によって使い分ける必要があるのだろう。

« 会社を踏み台にして昇る人踏み台にされて終わる人/夏川賀央 | トップページ | 「ない仕事」の作り方/みうらじゅん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛があるなら叱りなさい/井村雅代:

« 会社を踏み台にして昇る人踏み台にされて終わる人/夏川賀央 | トップページ | 「ない仕事」の作り方/みうらじゅん »