« インバスケット実践トレーニング/鳥原隆志 | トップページ | 企業内学習入門/シュロモ・ベンハー »

2017年1月 1日 (日)

点と線/松本清張

Photo「あれは、九州の博多行の特急だよ。あさかぜ号だ」
 安田は、女二人にそう教えた。
 列車の前には、乗客や見送り人が動いていた。あわただしい旅情のようなものが、すでに 向かい側のホームにはただよっていた。
 このとき、安田は、
「おや」
 と言った。
「あれは、お時さんじゃないか?」
 え、と二人の女は目をむいた。安田の指さす方向に瞳を集めた。
「あら、ほんとうだ。お時さんだわ」
 と、八重子が声を上げた。

本書は40年位前に読んだ初めての松本清張の小説である。

40年ぶりに再読し、改めてストーリーの巧みな組み立てに感心させられた。

謎解きのキーになるのは、東京駅の13番線のホームから15番線のホームを見渡せる4分間。

この4分間が犯人のアリバイ作りに利用される。

偶然を装った必然である。

この時の目撃証言が事件を迷宮へと誘い込む。

偶然と必然、人間の先入観、愛と性、権力と欲、

こんなものから逃れられない人間の業が描かれている。

清張ワールドの原点がここにある、と思わされた。

« インバスケット実践トレーニング/鳥原隆志 | トップページ | 企業内学習入門/シュロモ・ベンハー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 点と線/松本清張:

« インバスケット実践トレーニング/鳥原隆志 | トップページ | 企業内学習入門/シュロモ・ベンハー »