« ノモンハンの夏/半藤一利 | トップページ | スポーツニュースは恐い/森田浩之 »

2017年1月13日 (金)

大本営参謀の情報戦記/堀栄三

Photo 堀は、ピストでの報告を終って出てきた海軍パイロットたちを、片っ端から呼び止めて聞いた。
「どうして撃沈だとわかったか?」
「どうしてアリゾナとわかったか?」
「アリゾナはどんな艦型をしているか?」
「暗い夜の海の上だ、どうして自分の爆弾でやったと確信して言えるか?」
「雲量は?」
「友軍機や僚機はどうした?」
 矢継ぎ早やに出す堀の質問に、パイロットたちの答えはだんだん怪しくなってくる。

大本営といえば「大本営発表」という言葉が思い浮かぶ。

内容を全く信用できない虚飾的な公式発表の代名詞になっている。

ではどうしてこんなことが起こったのか。

意図的にそのような虚偽発表を行ったのか?

どうもそうではないらしい。

海軍の戦果は帰還したパイロットの報告によって確認していた。

パイロットは当然、自分たちの戦果を盛ってしまう傾向がある。

それはパイロットが悪いのではなく、人間とはそのようなものだという前提に立たなければならない。

ところが現場では、その検証が行われていなかった。

パイロットの報告を鵜呑みにして、それを大本営に伝えた。

それをそのまま大本営が発表した。

これが「大本営発表」の正体である。

これは情報に対する日本人の感度の低さが根底にある。

精神主義が横行し、正しい情報収集は下位に位置付けられていた。

結局、日本は、情報戦で負けたといえるのではないだろうか。

« ノモンハンの夏/半藤一利 | トップページ | スポーツニュースは恐い/森田浩之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大本営参謀の情報戦記/堀栄三:

« ノモンハンの夏/半藤一利 | トップページ | スポーツニュースは恐い/森田浩之 »