« はじめてのサイエンス/池上彰 | トップページ | 自分の頭で考えて動く部下の育て方/篠原信 »

2017年2月10日 (金)

「できる人」の相談する技術/福田健

Photo_2 人間はその根底に、
・人と交わりたい
・成長したい、いい仕事をしたい
・人の役に立ちたい
 との思いを抱いている存在なのである。
 相談して、自分の力をつけたい。
 相談にのって、相手の役に立ちたい。
 これが、本来の姿なのだ。

「報連相」という言葉があるように、相談することは仕事の基本である。

ところが、これが苦手という人は意外と多い。

特に仕事ができるという人に限ってそういう人が多い。

仕事は、多くの場合、人と協力しながら行う。

相手に相談していくことによって、スムーズにことが運ぶ。

仕事のできる人、頭の回転の速い人、せっかちな人も、相談ずくでことを運ぶのが苦手なようである。

仲間を振り返らないまま、自分ひとり、どんどん先に進んでしまう。

独りよがりに仕事を進めた結果、大きな失敗を招くこともある。

「どうしてあの時、ひとこと相談してくれなかったの」と後から言われてしまう。

仕事そのものの出来具合にも影響があるが、同時に、自らの成長の機会の損失にもつながる。

相談しないのは、第一に「向上したい」という思いを、自分で抑えつけているのであり、第二に、「役に立ちたい」という相手の思いに応えていないのである。

相談は、する者とされる者との間にかわされるコミュニケーションである。

相談する者は、それによって仕事を円滑に進め、成長する。

相談にのる者は、相手の問題解決を支援すると共に、その過程で、自らも、人に信頼され、人を信頼する人間へと、伸びていく。

本当の「できる」人はそのことをよく知っている。

だから相談することをないがしろにはしない。

何でも相談しないでどんどん仕事を進める人は、ある意味、「自分は仕事ができる」と勘違いしている人なのではないだろうか。

人は一人では何もできないのだから。

« はじめてのサイエンス/池上彰 | トップページ | 自分の頭で考えて動く部下の育て方/篠原信 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「できる人」の相談する技術/福田健:

« はじめてのサイエンス/池上彰 | トップページ | 自分の頭で考えて動く部下の育て方/篠原信 »