« 知性を磨く/田坂広志 | トップページ | 「対面力」をつけろ!/齋藤孝 »

2017年4月30日 (日)

待つ力/春日武彦

Photo ものごとは、そう簡単に決着がついたり結論が出たりはしません。いくら努力したりアプローチを繰り返しても、機が熟さなければどうにもならないことのほうがむしろ多い。

私たちは、誰もが一人残らず、待つことに翻弄される人たちである。

そんなことは御免だと思っても、待つことからは決して逃れられない。

そこに苦しみや苛立ちと、たまに喜びが含まれる。

多くの場合、延々と待たされていると、人は疑い深くなっていく。

何かアクシデントや手違いがあったのではないのか、とか

相手の態度や姿勢に問題があるのではないか、とか

自分だけが不当な扱いを受けているのではないのか、とか

運気とか巡り合わせといった、人知を超えたところで、事態がおかしなことになっているのではないか、とか、疑い深くなっていく。

待つ、という受け身の状態は苦しい。

無力感に苛まれ、ときには精神が妄想モードに陥りかねない。

先が見えないことは、まことに辛いものである。

しかし、少し視点をずらしてみれば、待つことには、頭を冷やすとか再検討、再考といった働きも含まれていることに気づく。

次から次に願いや希望が速攻で叶ったら、私たちはかえって過ちを犯してしまいかねない。

人間性が深まらない。

内省を欠いた薄っぺらな人間になってしまう。

現代人は待つことが苦手だ。

だんだんせっかちになってしまっている。

しかし、待つことから逃れられない以上、その肯定的な面を見いだし、待つ力を身に付けることが必要なのではないだろうか。

« 知性を磨く/田坂広志 | トップページ | 「対面力」をつけろ!/齋藤孝 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/65190334

この記事へのトラックバック一覧です: 待つ力/春日武彦:

« 知性を磨く/田坂広志 | トップページ | 「対面力」をつけろ!/齋藤孝 »