« 仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?/飯野謙次 | トップページ | イキイキ働くための経営学/佐々木圭吾、高橋克徳 »

2017年5月29日 (月)

不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち/五百田達成

Photo

 長子は、A型のライオン
 末子は、O型の犬
 中間子は、AB型のカメレオン
 一人っ子は、B型のネコ

性格は環境によって決まる部分がかなりある。

特に、小さいころどんな兄弟と、どのように接したかという影響は大きい。

人の性格は兄弟構成に支配されている、と言ってもいい。

例えば、「長子」「一人っ子」には、親からの期待や注目、プレッシャーが容赦なく降り注ぐ。

そのため、大きく道を踏み外すことはできない。

まじめな生き方をせざるを得ない。

親にとって初めての子供で、王子・王女としてとても大切にされるので、セカセカする必要はない。

多少不器用でもOK。

その結果、鷹揚でおっとりした性格になる。

二番目以降の子どもは上の兄弟に比べると親からの注目や期待は小さい。

さらにはライバルであり目の上のたんこぶである兄姉がいるという環境に生まれる。

空気を読んで器用に兄や姉のまねをし、要領よく利益にありつこうとする。

下にきょうだいがいる「長子」「中間子」は小さいころから世話を焼くことに慣れている。

なので、大人になってからも他人に介入し、面倒を見ようとする傾向がある。

下に兄弟がいない末子はどうか。

上の子が自分のことをやってくれるので、大人になってからも誰かに干渉しようという発想がない。

さらには自分のことさえ「誰かがやってくれる」と、どこかのほほんとしているのが特徴。

こうした性格や行動特性の違いは、当然ながらお互いの相性にも影響を与える。

生まれた時の環境によって、かなりの部分の人格が形成されるという考え方、非常に面白い。

« 仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?/飯野謙次 | トップページ | イキイキ働くための経営学/佐々木圭吾、高橋克徳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち/五百田達成:

« 仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?/飯野謙次 | トップページ | イキイキ働くための経営学/佐々木圭吾、高橋克徳 »