« 「タレント」の時代/酒井崇男 | トップページ | 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち/五百田達成 »

2017年5月28日 (日)

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?/飯野謙次

Photo 今まで無意識に行なっていた思考を、明確に言葉にすることで、ミスをなくし、効率を上げることができます。

人間はミスをする動物である。

しかし、ミスが多い人と、ほとんどミスをしない人がいることも事実。

ミスの少ない人は、普段の生活から「ミスをしない習慣」が身についている。

一方で、ちょこちょことミスをしてしまう人は、「ミスをしやすい習慣」になっている。

ミスをしない習慣を身につけると、身の回りのミスが驚くほど減っていく。

ミスや失敗をするかしないかは、ギャンブルや運とはまったく別の話である。

例えば、上司の指示を間違って受け止め、それがミスに発展することがある。

たとえば社内で指示を受ける場合、多くの場合は「話し言葉」によって指示される。

「××を3日後までによろしく」という指示を受けたとする。

これはあいまいな指示である。

これを「はいっ!」と引き受けて、完成形を提出しようとするから、認識の違いというミスが生まれる。 

なので、このように曖昧な指示を受けたら、その返事としては、具体的な自分の言葉に置き換えて返す。

目標を達成するための要件を言語化しておく。

たとえば、 「これとこれを、24日の17時までに部長にお渡しすればいいんですね」と、言葉を変えて復唱する。

それで相手の反応がピンとこなければ、指示を間違って受け取っている可能性が濃厚である。

ただ単に復唱するよりは労力が必要だが、このスキルが上達すると、勘違いや認識の差による失敗は撲滅できる。

物事を分解して言葉にしていく力を身に付けるだけで、仕事のミスは格段に減っていくのではないだろうか。

« 「タレント」の時代/酒井崇男 | トップページ | 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち/五百田達成 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?/飯野謙次:

« 「タレント」の時代/酒井崇男 | トップページ | 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち/五百田達成 »