« 一流の指導力/立花龍司 | トップページ | AI時代の勝者と敗者/トーマス・H・ダベンポート、ジュリア・カービー »

2017年7月19日 (水)

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法/大嶋信頼

Photo 現在の不快な状況をつくっているのは、すべて意識がつくり出す暗示。

人が「振り回されている」と感じるのは、どんなときか。

それは、周りの人の気持ちばかりを考えすぎて行動してしまうとき。

人間の脳は、相手のなかにある感情や思いを勝手に「脳のネットワーク」で受け止めるという機能がある。

特に、振り回されるタイプの人は、「私は平均より上」という感覚が根づいていない。

基本的に劣等感が強く、価値判断を人や状況に委ねてしまう。

そのため、あるときは「自分は天才!」、あるときは「自分は無能なのでは?」と思ってしまう。

実は、人に接したときに「自分はダメだ!」と思ってしまうのは、自分の能力が劣っているからではない。

それは、相手の中にある「相手の自己否定感」を「脳のネットワーク」で受け取ってしまうから。

つまり、誰かと接触したときに、相手の脳内にある「自信のなさ」の「自己否定感」を勝手に脳で受け取って、自分のものと勘違いするのである。

もっとストレートに言ってしまえば、「自分に対する否定的な考えはすべて他人の脳から伝わってくる否定的な暗示!」ととらえてしまえば間違いない。

そのように割り切って、否定的な考えをすべて排除してしまえば、自分らしさを取り戻し自由になることがでるのではないだろうか。

« 一流の指導力/立花龍司 | トップページ | AI時代の勝者と敗者/トーマス・H・ダベンポート、ジュリア・カービー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法/大嶋信頼:

« 一流の指導力/立花龍司 | トップページ | AI時代の勝者と敗者/トーマス・H・ダベンポート、ジュリア・カービー »