« 自分の半径5Mから日本の未来と働き方を考えてみよう会議/出口治明、島澤諭 | トップページ | 論語の活学/安岡正篤 »

2017年8月 9日 (水)

誰も知らない憲法9条/潮匡人

9 今日、学界の通説を代表しているのは、本書で何度も「芦部憲法」と引用した芦部信喜著『憲法』(岩波書店)です。以下のように述べています。
 「現在の自衛隊は、その人員・装備・編成等の実態に即して判断すると、九条二項の『戦力』に該当すると言わざるをえないであろう」
 見ての通り、自衛隊違憲論です。

憲法9条を素直に読めば、自衛隊は違憲である。

ところが日本国民はその違憲とされる自衛隊によって守られている。

大いなる矛盾である。

この矛盾を解決するには、自衛隊をなくしてしまうか、憲法を変えるしかない。

では自衛隊をなくすことが出来るのか?

ひと頃言われていた非武装中立論は可能なのか?

隣国からミサイルが飛んでくるかもしれないという状況からして、あまりにも非現実的だ。

残された解決方法は一つしかない。

「自衛隊」という名前のまま、憲法に明記する。

具体的に、9条2項を改正するのか、新たに3項を「加憲」するのか、あるいはアメリカ合衆国憲法のように「修正条項」を加えるのかである。

今年5月、安倍総裁が9条2項はそのままにして、3項に自衛隊に明記することを提案した。

それ以来、マスコミの安倍叩きが露骨になってきた。

モリカケ問題も、小さな問題であるはずのものを、わざわざ大きな問題にし、安倍叩きに利用している面がある。

偏向報道も目に余る。

どんな力が働いているのだろう。

« 自分の半径5Mから日本の未来と働き方を考えてみよう会議/出口治明、島澤諭 | トップページ | 論語の活学/安岡正篤 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰も知らない憲法9条/潮匡人:

« 自分の半径5Mから日本の未来と働き方を考えてみよう会議/出口治明、島澤諭 | トップページ | 論語の活学/安岡正篤 »