« 人生が変わる会話術/丘村奈央子 | トップページ | 世界で活躍する人は、どんな戦略思考をしているのか?/塩野誠 »

2017年8月17日 (木)

人工知能の核心/羽生善治、NHKスペシャル取材班

Photo 高度に発展した人工知能が登場したことの意味は、人間の知性を超える存在が現れてしまった……という単純な話ではないのです。現在の人工知能には、明らかに得意な分野と苦手な分野があり、まだまだ万能の存在ではありません。それどころか、人間には簡単にできることが、まったくできないこともあります。

近年の人工知能の発展は目を見張るものがある。

今後10年から20年後には今の仕事の半分近くが人工知能やロボットにとって代わられるという調査もある。

働く人にとっての脅威である一方、期待もある。

特にこれから人口減少社会に突入し、労働力が減る日本にとって、救世主になるかもしれない。

大事なことは何が人工知能が得意分野で何が不得意分野なのかということをしっかり認識することだ。

たとえば、将棋で言えば、人間にあって人工知能にはないのが、手を「大体、こんな感じ」で絞るプロセス。

棋士の場合には、それを「美意識」で行っているが、人工知能にはこの「美意識」にあたるものが存在しない。

それは一体、なぜか。

羽生氏はその理由は、人工知能に「恐怖心がない」ことと関係しているいう。

いくらこれが正しい手だと言われても、生理的に指したくないという経験は、将棋の棋士にはよくあること。

社会のマナーや倫理の問題となれば、さらに大きな問題になる。

これが現在の人工知能にはない。

これは逆に言えば怖いことで、暴走する危険性があるということ。

また、複雑な文脈を踏まえた判断はまだ人間が優れている。

私たちは、焦げたにおいを嗅いだときに、それが焼きたてのパンの香ばしいにおいなのか、それとも火事の前兆なのかを、シチュエーションからほぼ正しく察知することができる。

でも現状のコンピュータは、そこまではいっていない。

人間は、「学習」と「推論」をスムーズに同時に行うことが可能である。

そこには、人間が複数の概念を組み合わせて理解する能力を持っていることが影響しているという。

こういうことは、まだ人工知能が苦手とする部分。

しかし、これも「現時点では」という前置きが付く。

やがてはこのような課題も人工知能はクリアするのではないだろうか。

ますます人工知能と人間の線引きがなくなってくるような気がする。

遠くない未来に。

« 人生が変わる会話術/丘村奈央子 | トップページ | 世界で活躍する人は、どんな戦略思考をしているのか?/塩野誠 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/65614500

この記事へのトラックバック一覧です: 人工知能の核心/羽生善治、NHKスペシャル取材班:

« 人生が変わる会話術/丘村奈央子 | トップページ | 世界で活躍する人は、どんな戦略思考をしているのか?/塩野誠 »