« 謙虚なコンサルティング/エドガー・H・シャイン | トップページ | 疲れない身体を作るコンディショニング法/山崎みゆき »

2017年9月 1日 (金)

最強チームにまとめる技術/池本克之

Photo チームシップとは私がつくった言葉で、「チーム内の地位や役割に関係なく、メンバー一人ひとりがお互いを理解しながらチームとしての成果のために成長すること」というような意味です。
 では、チームシップを持つチームのリーダーになるための素養はなんでしょうか。答えは「謙虚さ」です。

今は「上昇志向」だけで豊かな生活を送れるようになると誰も信じていない。

にもかかわらず、「俺についてこい型」のリーダーがリーダーシップを発揮するのを目の前で見ると、部下は「あのようにはなりたくない」と考えるようになる。

これが、部下は目の前のリーダーのように働かず、しかも後継者の指名を避けるようにもなる理由である。

勝手に働くリーダー、プラス、与えられた仕事以外こなそうとしない部下。

これは最悪なチームのパターンである。

これだと、リーダーが全力で働けば働くほど、部下との距離はどんどん離れていく。

著者は、リーダーに必要なのは謙虚さだという。

人を率いるとき、なぜ謙虚さが必要なのか。

それは、リーダーこそ一番謙虚に「学ば」ないといけないから。

以前は、限られたスタッフで決断をし、それを下に伝え、従わせる「牽引型」のリーダーシップが主流だった。

人もまた、それについてきた。

しかし、価値観が多様化した現代は、従来の上から指示を飛ばすだけの「トップダウン型」リーダーシップで人は動かなくなってきた。

必要なのは、スタッフの意見を吸い上げ、チームが自然とまとまるリーダーシップである。

目標に向けてチームをサポートする「奉仕」のリーダーシップとも言える。

ところが、化石のようなリーダーが今だに生息しているのが現実ではないだろうか。

まずはリーダーが変わらなければならないということであろう。

« 謙虚なコンサルティング/エドガー・H・シャイン | トップページ | 疲れない身体を作るコンディショニング法/山崎みゆき »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/65706325

この記事へのトラックバック一覧です: 最強チームにまとめる技術/池本克之:

« 謙虚なコンサルティング/エドガー・H・シャイン | トップページ | 疲れない身体を作るコンディショニング法/山崎みゆき »