« 21世紀の戦争論/半藤一利、佐藤優 | トップページ | 「気遣い」のキホン/三上ナナエ »

2017年9月28日 (木)

隠された貧困/大山典宏

Photo 生活保護は、社会におけるカナリアのような存在です。社会のなかで何か問題が発生した時、最初に矛先が向かうのは、決まって貧困に苦しむ人たちです。そして、それを支える生活保護に矛盾が集中することになるのです。

何かと批判の多い生活保護。

確かにそれを悪用する輩もいる。

しかし、生活保護を通して、社会の暗部が見えてくるのも事実である。

生活保護は、社会におけるカナリアのような存在だと著者は言う。

昔は炭坑に坑夫が入っていくときに、先頭を歩く人が必ずカナリアの入った鳥籠をぶら下げたという。

炭坑がある地中には、有毒なガスが漂っている危険性がある。

昨日は大丈夫だったからといって、今日、大丈夫とは限らない。

地震かなにかで地盤が崩れて、どこからかガスが漏れてくるかも知れない。

カナリアはそういうガスに敏感なので、人間よりもずっと早くガスの影響を受けてしまう。

さっきまで元気だったカナリアがぐったりとしてしまったら、それは危険のサイン。

その時点で手を打てば、この場合は、すぐに引き返して炭坑をでれば生命が助かるわけだ。

今、生活保護はとても具合が悪そうにみえる。

ちょうど、ガス溜まりに近づいたカナリアのように、ぐったりとして元気がない。

その時に、「なぜ、このカナリアは黙ってしまったのだ。早く元気にしろ」と言うのはおかしい。

カナリアが問題なのではなく、危機が迫っていることに気づかなければいけない。

苦しんでいるカナリアを見てその原因を突き止め、一刻も早く手当することが必要だ。

人は、見たくないものを、「見なかったことにする」という特技を持っている。

路上死、ホームレス、外国人・残留孤児、カード破産、アルコール依存、社会的ストレス、中高年リストラ、若年層の不安定生活、虐待、暴力、孤独死、自殺、そして低所得問題。

これらは、日本社会の暗部であり、見たくないものである。

しかし、これらから目をそらしてはならないということであろう。

« 21世紀の戦争論/半藤一利、佐藤優 | トップページ | 「気遣い」のキホン/三上ナナエ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/65818117

この記事へのトラックバック一覧です: 隠された貧困/大山典宏:

« 21世紀の戦争論/半藤一利、佐藤優 | トップページ | 「気遣い」のキホン/三上ナナエ »