« 現実を動かす会話力/齋藤孝 | トップページ | 球形の荒野(下)/松本清張 »

2017年9月17日 (日)

球形の荒野(上)/松本清張

Photo 「世の中には、いろいろむずかしいことがある。人に言えないまま死ななければならないことだってある……ぼくにもそれが無いとは言わない。しかし、今は何も話せないのだ」
 「すると、いつかは……」
 「いつかは、か」
 思いなしか、滝氏の声に太い息が混じった。
 「そうだな、ぼくが死ぬ時になったら話せるかも分からない」
 「滝さんが亡くなられる時に?」
 添田は思わず滝氏の表情を見つめた。それには複雑な微笑が水のように滲んで出た。

奈良を訪れた主人公、野上久美子の親戚、芦村節子はそこの寺の芳名帳をみて愕然とする。

それは亡き叔父・野上顕一郎の独特な筆跡であった。

大戦末期に死んだとされた外交官、野上顕一郎は生きているのではないか?

この謎を軸にストーリーは展開される。

久美子の恋人である新聞記者・添田彰一は、筆跡の話を聞いて、ある疑問を持ち、死んだとされた外交官の関係者を当たっていく。

その中の一人が語ったのが、上記抜き書きの内容である。

「真実を語りたいのだが、今は言えない」

「この秘密は墓場まで持っていく」

といった発言である。

この裏には、当時の複雑な国内事情が隠されている。

この作品自体はフィクションだが、世の中には公にされた表の歴史と、決して公表されることのない裏の歴史というものがあるのだ、ということを考えさせられる。

« 現実を動かす会話力/齋藤孝 | トップページ | 球形の荒野(下)/松本清張 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/65772565

この記事へのトラックバック一覧です: 球形の荒野(上)/松本清張:

« 現実を動かす会話力/齋藤孝 | トップページ | 球形の荒野(下)/松本清張 »