« 脳を最適化する/アルバロ・フェルナンデス、他 | トップページ | うまくいっている人の考え方/ジェリー・ミンチントン »

2017年9月24日 (日)

パッとしない子/辻村深月

Photo 人の言葉をいちいち覚えていて、勝手に傷つくのはやめてほしい。こっちはそんなに深く考えていないのに、繊細すぎる。

かつての教え子、高輪佑が人気アイドルグループのメンバーになる。

その彼がテレビ番組収録のため、母校を訪ねてくることになった。

小学校の図工の教師、松尾美穂は佑が小学生の時、「パッとしない子」だったことを周囲に漏らしていた。

ところが、その言葉が人から人へと伝わり、本人を傷つけていた。

佑からそのことを問い詰められる松尾美穂。

何気なく言った言葉が独り歩きし、人を追いつめ傷つける。

よくあることだが、非常に考えさせられる。

« 脳を最適化する/アルバロ・フェルナンデス、他 | トップページ | うまくいっている人の考え方/ジェリー・ミンチントン »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/65800269

この記事へのトラックバック一覧です: パッとしない子/辻村深月:

« 脳を最適化する/アルバロ・フェルナンデス、他 | トップページ | うまくいっている人の考え方/ジェリー・ミンチントン »