« 世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本/田口力 | トップページ | 「怒り」のマネジメント術/安藤俊介 »

2017年9月 7日 (木)

部下を育てる「ものの言い方」/井上健一郎

Photo 「イイ上司」は、とにかく部下を「やる気」にさせる上司です。やる気を削ぐ発言はしない上に、決して安易に褒めるのではなく、部下ひとりひとりの存在価値を伝えてあげられる。まず、それができる人です。

部下をやる気にさせるのがイイ上司だという。

だったら、そのためにはどうすれば良いのか。

面白い仕事ばかりやらせればよいのだろうが、そうそう面白い仕事があるものではない。

むしろ、単調な面白くない仕事が多いのが現実である。

ではどうすればよいのか。

面白くない仕事を面白くすることである。

どんな仕事でも工夫次第では面白くなる。

また、仕事の目的をはっきり認識することも大事だ。

同じ仕事をするにしても、「何のために」この仕事をするのか、

この仕事は会社の中でどんな役割を果たしているのか、

会社は社会の中でどんな役割を果たしているのか、

ということを認識しているかどうかで仕事のレベルが変わる。

また、そのことに気づかせるのが上司の役目である。

よいリードというのは、表面的な「やり方」だけを指示するのではない。

その仕事が「何のために」大切なのかということや、そのためには「どのくらい」までやらなければいけないかということを示すことである。

さらに問題が起きている時などは、「何で」その問題が起きたのかを考えさせる。

そして単なる問題処理ではなく「根っこ」から解決するためには「どうしたら」いいのかということを導き出すためにサポートする。

そうすると、部下は考えるようになる。

そこから仕事の本当の面白さが分かってくる。

知恵や工夫が生まれる。

そうするとレベルの高い仕事のできる人材が育っていく。

上司は、部下が何を考え、どんな強みと弱みを持っているか、業務のレベルはどの程度なのか、
それらのことをしっかり把握する必要がある。

その上で、「どこに向かえばいいのか」、いわゆる成長の方向性を感じさせる必要がある。

さらに、そこから今どのくらい離れたところにいるのか、はたして近いのか遠いのか?

そして、そこに行くためには具体的にどうすればいいのかがわかると、「やる気」は高まる。

部下のやる気は上司のリード次第といってもよいのではないだろうか。

« 世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本/田口力 | トップページ | 「怒り」のマネジメント術/安藤俊介 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/65731655

この記事へのトラックバック一覧です: 部下を育てる「ものの言い方」/井上健一郎:

« 世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本/田口力 | トップページ | 「怒り」のマネジメント術/安藤俊介 »